兵庫労連

兵庫県労働組合総連合(兵庫労連)は「働きがいのある、人間らしい仕事(ディーセントワーク)」の確立、地域経済・雇用・社会保障を守るための活動をしています。〒650-0023 神戸市中央区栄町通3丁目6-7 大栄ビル10F  TEL 078-335-3770 FAX 078-335-3830 rorenhyogo@shinsai.or.jp   “ひとりじゃない”相談するという選択 フリーダイヤル 0120-378-060 相談無料・秘密厳守 月~金12時~18時(土日祝日をのぞく)

辺野古新基地反対の声が形に!

 安保破棄実行委員会の活動に全国が賛同し、全国紙ち地方紙数社の新聞に意見広告を載せることが、今月初旬に実現しました。以前にも、新基地建設についてどう考えても実現不可能な壁があることを記事にしましたが、全国での活動もどんどん強くなっています。特に軟弱地盤の問題はどうやっても解決ができない物です。そんな地盤の上に基地を建設しても、いずれは海に沈むか基地が崩壊する結果も見えるじゃないですか。その責任は誰がとるのか?基地建設費用すら日本が全て負担している現状です。日本は誰の国ですか?米国のために日本はあるのでしょうか?

 つい先日起きた沖縄の米兵と女性の死体が発見された事件について、玉城デニー知事が抗議を行ったこともあり、その事件が在沖米軍の外泊等の規制が緩和された直後ということもあり注目が集まっています。なぜ普天間の基地を返還するのか?それは、もちろん爆音や自然への影響等もあるのは間違いありませんが、そもそもの訴えの始まりは、1995年(平成7年)9月4日に沖縄県に駐留するアメリ海兵隊員2名とアメリカ海軍軍人1名の計3名が、12歳の女子小学生を拉致した上、集団強姦した強姦致傷および逮捕監禁事件です。それ以降にも、嘉手納幼女強姦殺人事件、沖縄うるま市強姦殺人事件などの事件が起きていることは事実です。

 第二次世界大戦においても多大な被害を受け、植民地として米国の占領下にあったことも含め、なぜ沖縄の人だけが負担を強いられるのか。本土が沖縄をしっかり日本として自覚し国民全体で考えなければいけない問題ではないでしょうか。そんなに米軍基地が必要なのであれば、本土に作ってはどうか。自分たちの生活が脅かされるのはイヤ。だから沖縄にあるものはそのままにしておけば良い。そんな考えではいけない。

 話は変わりますが、米国依存状態の現安倍政権により、本土にも影響が出ていることは触れておきたい。オスプレイが本土上空を飛行している現実について、みなさんはどう考えますか?そんな事実は認めないと目を瞑りますか?兵庫県の氷ノ山上空にオスプレイの飛行が確認され、伊丹空港への緊急着陸も行われた。その間、空港は閉鎖されており、日本人には情報提供もされていない状況が依然として続いています。米軍基地には、日本本土で訓練をするためのルート地図が掲示されていることも明らかになり、その中の一つのコースが今回の氷ノ山での飛行確認です。さらにはF35戦闘機の爆買いの中で起きたF35Aの墜落。日本の自衛隊員がそのまま発見されていない。訓練で亡くなるんです。戦地に派遣されたら一体どれほどの日本人が亡くなられるのか。横浜の基地にもすでにオスプレイは配備されています。

 オスプレイは米国では住民運動で飛行を禁止されています。なぜ、日本は飛んでもいいんでしょうか。F35戦闘機の欠陥だって元々指摘されています。日本が購入する直前、昨年9月には米国でも墜落事故が起きている代物です。

 日本が日本であるためには、政治家ではなく、国民が自覚して行動を起こさなければいけない。これからも活動を粘り強く頑張っていこうと思います。

 

f:id:hyogororen:20190417113057j:plain

★兵庫労連(兵庫県労働組合総連合)
〒650-0023 神戸市中央区栄町通3丁目6-7 大栄ビル10F
TEL:078-335-3770 FAX:078-335-3830
mail adress:rorenhyogo@shinsai.or.jp

★兵庫労連・労働相談センター
“ひとりじゃない” 相談するという選択
0120-378-060 相談無料・秘密厳守
月~金12時~18時(土・日・祝日は休み)

メーデー詳細!

兵庫県内のメーデー各開催情報が揃いました!!

先日、メーデー憲法集会について記事を書きましたが、その時にお知らせしていた、各地域の開催日時・場所等が決まりましたのでお知らせします!!

f:id:hyogororen:20190415143236j:plain

 

 今年は天皇即位などの影響もあり10連休となりましたので、各地域で多少違う部分もありますが、概ねは例年通りの開催となります。こちらを参照し、当日はメーデーに多くの方が参加していただけることをお願いいたします。

 5月1日、ゴールデンウィーク、長期連休の間となりますが、メーデーは労働者が一斉に声を上げる記念日です。労働者にとっては非常に大切な行事の一つです。ともに頑張りましょう!!

週末の行動について

4・12 最賃決起集会

~大幅引き上げ 全国一律制度を目指そう~

4月12日(金)18:30~から神戸勤労会館にて決起集会が開催されました。

 自民党 東京都議連が全労連に要請し、最賃を今すぐ1000円、1500円を目指す必要性と全国一律にする必要性についてなど、生計費原則に基づき調査した資料を提出し、静岡大学の教授と全労連 黒沢さんの2名がお話に行かれました。その直後の開催ということもあり、この集会には大きな意味があったと思います。

 講演は市民共同法律事務所の中村 和雄弁護士から、「韓国から学ぶ最賃引き上げ、非正規解消運動」ということでお話いただきました。非常に濃い内容で勉強になりました。韓国が短期間で最賃の大幅引き上げを達成し、さらに同一労働同一賃金まで成し遂げたことについて。現在、韓国の経済状況の低迷について、最賃を一気に引き上げすぎたことや一斉解雇の現状についてなど、日本は全てを最賃引き上げに結びつけて最賃を上げまいとしていることなど、知ることができました。

 なぜ韓国がここまで最賃の引き上げ等ができたのか?それは審議会の制度にも工夫があると思います。組織率の問題などで、日本では一方の労働組合が9割以上が審議会を占めている状況ですが、韓国では2五分五分とし、さらに青年枠など作り、全ての層、全ての組織から話しを聴いて決めているところが全く違うといえます。

 とはいえ、自民党の中でも最賃の引き上げや全国一律に理解を示す議員が出てきていることは、全労連として大きな成果だと思います。街頭宣伝などでは、なかなかこういった事実などを伝えきれず、反応が得られていない部分もありますが、引き続き、この大きな波に乗れるよう頑張りたいと思いました。

 報告では、西播労連の福崎町での最賃請願が採択されたことについても触れられていました。今年も労働局前での座り込み行動や宣伝行動など行動計画があり、このブログの中でもお知らせしますので、ぜひ多くの方がご参加いただければと思います!

f:id:hyogororen:20190415135852j:plain

f:id:hyogororen:20190415140005j:plain

消費税ネットワーク 10%増税stop宣伝

 4月13日(土)は元町にある大丸神戸店前での消費税増税stop宣伝でした。

 毎月勤労統計調査の偽造から始まり、今では景気は後退の局面を示しているとTVでも多く報道されている経済状況の中で、麻生財務大臣は今年の10月の消費税増税を押し通すと会見の中でハッキリ話されました。消費税増税による景気への影響は充分注意が必要だと述べながらも、増税に対する姿勢は全く変えることなく経過しています。

 大企業の内部留保の増加、過去の増税以降の消費者の購買率の低下により景気は悪くなるばかり。そんな中で消費税を増税してしまえば、各家庭の生活は火の車となり、さらに購買率が低下し、大企業は内部留保を貯めたまま使用せず、景気の低迷を招くのは必至です。さらには国民健康保険料のさらなる増加も最近では囁かれており、貧富の差は明確化するだけでなく、破綻すら起きる状況と言えます。

 この増税反対には数多くの著名人も賛同しており、当日は該当で様々な組織の代表の方が訴えをされました。

f:id:hyogororen:20190415141004j:plain

f:id:hyogororen:20190415141029j:plain

終わりに...

 ここまで2つの企画の報告をさせていただきました。

 最賃と全国一律制度の確立消費税10%stop宣伝...最後にみなさまにお願いしたいことは、これらを実現するためには、そうなって欲しいという声を署名や行動への参加でしっかり示して欲しいということです。心で思っていても、身内で話し合っていても、何も変えることはできません。たくさんの意思が示されることで初めて社会に影響を与えることができます。力比べ、紛争をするわけではありません。数の力、みなさんの声の力が必要です。自分の生活を守れるのは自分だけです。ですが、その生活を守るためには署名や行動参加など数の力、声の力が必要です。

 ぜひ、一緒に声を上げ、要求を実現しましょう!!

 

★兵庫労連(兵庫県労働組合総連合)
〒650-0023 神戸市中央区栄町通3丁目6-7 大栄ビル10F
TEL:078-335-3770 FAX:078-335-3830
mail adress:rorenhyogo@shinsai.or.jp
★兵庫労連・労働相談センター
“ひとりじゃない” 相談するという選択
0120-378-060 相談無料・秘密厳守
月~金12時~18時(土・日・祝日は休み)

本日、最賃決起集会です!!

 みなさんお疲れ様です。最近、ブログの記事のネタに困っていた中の人です。

 こうやって記事を書いていると、つくづく記者やフリーライター、作家さんはすごいなぁと関心しております。

 

 本日は題の通り、最賃決起集会が開催されますので案内させていただきます。

 以前にも最賃については記事を書いたことがありますが、今最賃については社会的に大きな動きを見せてきています。

 ↓ 以前書いた記事です。

https://hyogororen.hatenablog.com/archive/2019/03/27

 なんと、自民党の最賃一元化議連が、われら全労連の本部に要請をかけ、最賃に関する話が聞きたいと。全労連の黒沢次長、さらに生計費調査の静大の学者2名で訪問し1時間のレクチャーをしたとのこと。

 われわれ全労連及び加盟組織が長年に渡って訴え続けてきた、全国一律最賃・最賃引き上げが、いよいよ本格的に社会を動かし始めたのです。訴えるだけでなく、相手からの反応が返ってきた。これはすごく画期的なことです。

 この流れを逃さず、さらに勢いをつけて各地方・単産での取り組みを大きく前進させる必要があります!この流れの中で兵庫県では最賃決起集会が開催される。これには大きな意義があると思います。ぜひみなさんご参加を!!

f:id:hyogororen:20190412134140j:plain

 

★兵庫労連(兵庫県労働組合総連合)
〒650-0023 神戸市中央区栄町通3丁目6-7 大栄ビル10F
TEL:078-335-3770 FAX:078-335-3830
mail adress:rorenhyogo@shinsai.or.jp

★兵庫労連・労働相談センター
“ひとりじゃない” 相談するという選択
0120-378-060 相談無料・秘密厳守
月~金12時~18時(土・日・祝日は休み)

4・24 県下一斉街頭宣伝行動

総がかり行動兵庫実行委員会主催で県下一斉街頭宣伝行動を行います。

県下主要駅で一斉に取り組まれる行動です。

戦争させない、9条壊すな!5・3兵庫憲法集会の成功に向けて、3000万署名とビラの配布に取り組みます。各地域で協力し頑張りましょう!!

また、一般の方はぜひ、署名行動へのご協力をよろしくお願いします。!!

実施駅は画像を参照ください。f:id:hyogororen:20190403141743j:plain

 

★兵庫労連(兵庫県労働組合総連合)
〒650-0023 神戸市中央区栄町通3丁目6-7 大栄ビル10F
TEL:078-335-3770 FAX:078-335-3830
mail adress:rorenhyogo@shinsai.or.jp


★兵庫労連・労働相談センター
“ひとりじゃない” 相談するという選択
0120-378-060 相談無料・秘密厳守
月~金12時~18時(土・日・祝日は休み)

春ですねぇ

 4月1日、新年度の始まりですね。こどもたちにとっては、春休みがあと一週間ですかね。今日は風があって少し肌寒い感じもしますが、天気はとても良く昨日とは大違いですね。町中では桜もほぼ満開に近いくらい?咲いていて、土日は花見客の方も多くみられました。

 そんなこんなですが、兵庫県内様々な単産では、春闘が続いているところもあります。企業の不誠実な対応や組合分断などにも負けず、要求を勝ち取ることを目指して団体交渉やストライキを行っています。先日、某企業のストライキ集会に参加させていただきました。その場にいると、やはり刺激は大きく受けますね。自分もできることをやれるだけ頑張らねばと。

 そういえば今日は、何の日かご存知ですか?えぇ、エイプリルフールでもありますね。あともう一つ、実はこちらがみなさん一番気になるのではないでしょうか?そう、新元号発表ですね。11時過ぎくらいに発表のようで、この記事を書きながら、もうすぐだなぁ。なんて思ってます。

 そんなこんなで記事を書いていますが、新年度のご挨拶という感じで特に話題も用意していませんでした。(..;)とりとめもない話でしたが、まぁうまく流してやってください。

 

 ちなみにですが、、、

 来月5月1日は天皇即位!ですが、兵庫県中央メーデーは同日に東遊園地で今年もしっかり行います。3日には憲法集会も開催いたします。ぜひみなさん、当日は先輩・後輩、友人、家族などみなさん揃ってご参加いただければと思います。

 闘う労組、労働者の権利を守るために今年も頑張りましょう!

 

兵庫労連(兵庫県労働組合総連合)
〒650-0023 神戸市中央区栄町通3丁目6-7 大栄ビル10F
TEL:078-335-3770 FAX:078-335-3830
mail adress:rorenhyogo@shinsai.or.jp
兵庫労連・労働相談センター
“ひとりじゃない” 相談するという選択
0120-378-060 相談無料・秘密厳守
月~金12時~18時(土・日・祝日は休み)

最低賃金を今すぐ1000円に!目指せ1500円!!

 26日(昨日)はディーセントワーク宣伝の日でした。今月から内容を最低賃金に変更して宣伝行動を行っています。神戸市議会・兵庫県議会では最低賃金に関する審議が行われておりますが、みなさんは時給単価が上がることについて、どう思いますか?嬉しいですか?上がって欲しくないですか?

 そもそもディーセントワークって何?最低賃金て何?なんて思ったりしますか?今日はそんな最低賃金について考えてみたいと思います。

ディーセントワークとは?

「ディーセント・ワーク」は、1999年に国際労働機関(ILO)が「ILOの活動の主目標」として掲げた概念で、日本においては「働きがいのある人間らしい仕事」と訳されています。
 具体的には「権利が保障され、十分な収入を生み出し、適切な社会的保護が与えられる生産的な仕事」、つまり、「仕事がある」という事を前提として、以下の5つの条件を満たした「人間としての尊厳を保てる生産的な仕事」が、ディーセント・ワークなのです。
・権利の確保
社会保障の確保
・社会対話の確保
・自由と平等の保障
・生活の安定
 更に2000年に開催された日本ILO協会記念式典においては、ILO事務局長が「子どもに教育を受けさせ、家族を扶養することができ、30年~35年ぐらい働いたら、老後の生活を営めるだけの年金などがまかなえるような労働」と解説しています。

最低賃金って何?

 最低賃金にはそもそも2種類あります。『地域別』『産業別(特定)』ですが、地域別とは都道府県ごとに定められたもので、産業別とは産業(仕事内容)別に定められたものです。会社はこの最低賃金に設定された最低額の基準を基に、それ以上の賃金を労働者に支払わなければいけません。

 最低賃金の対象者は、正職員、アルバイト、嘱託の区別なく全ての労働者に適用されることが原則となっています。しかし、一部の労働者については都道府県労働局長の許可を得ることで、最低賃金額以下の賃金で働かせることができます。

 通勤手当や家族手当などの臨時で支給される物については、最低賃金の対象となりません。

 この最低賃金について、全国労働組合総連合では、全国一律今すぐ1000円、早期に1500円を目標に全国で署名活動や宣伝行動を行っております。兵庫県でも4月からの定例宣伝では最低賃金を取り上げて行動していきます。

兵庫県最低賃金っていくら?

 平成30年10月に改定された最低賃金兵庫県は現在871円まで上がっています。これは高いのでしょうか?低いのでしょうか?労働時間、日数で少し計算してみました。

1日8時間、月20日の労働での賃金は?

1000円×8時間=8000円        871円×8時間=6968円

8000円×20日=160000円        6968円×20日=139360円

160000×1年間(12ヶ月)=1920000円   139360×1年間(12ヶ月)=1672320円

 兵庫県最低賃金が129円上がるだけで、これだけの賃金差が生まれます。

 また、お隣の大阪府では最低賃金が936円ですので、時給が65円も違います。65円の差は上記の労働時間、日数で年間にすると124800円になります。

 兵庫(神戸三宮)から大阪(梅田)までJR新快速だと30分もかかりません。なのにこれだけの差があるんです。同じ仕事で、同じ金額の商品を売っているのにです。仕事の忙しさの差はあれど、それは雇う人数で補うことができます。

なぜ全国一律なの?なんで最賃を上げないといけないの?

 例えばですが、全国展開しているコンビニで、同じ商品を同じ値段で売り、同じ時間で働いたとして、前述のように現在では著明な地域間格差があります。同じように働いているのに関わらずです。政府は「同一労働・同一賃金」という言葉を掲げてはいますが、地域別最低賃金である限りこれは達成することは不可能です。

 また、労働者が足りない、不足した状態が影響し某コンビニでの24時間営業を中止する話もありましたが、前述のような地域間格差があり、かつ近距離の移動にとどまる場合は当然時給の高い地域で働きたいと思いますよね?その結果、地域にっては労働者が減少し地方地域の過疎化に繋がることも懸念されます。こういった現状を打破するためには、全国一律を目指す取り組みが必要になってきます。

 最低賃金が上がるとどうなるか?最初にご説明した通り、最低賃金は”全ての労働者に適用”されるものです。最低賃金が上がれば、企業は正規雇用している社員の賃金も上げなければいけない状況を作ることができ、その結果、各家庭の生活に潤いをもたらすことができます。だからこと最賃を上げる取り組みが必要になります。

最低賃金を上げるには?

 当然、都道府県の議会で話し合って認めてもらう必要があります。それだけではなく、署名を行い、地域住民の意思を伝え、その上で話し合ってもらうことが特に重要となります。県内の地域ごとや、兵庫労連として請願署名を行い、それに協力してくれる紹介議員と繋がり、そして議会で請願を通す必要があります。

 署名は数の力です。いかに最賃を上げて欲しいという声が多いかを署名で証明する必要があります。だからこそ署名に取り組んでいます。ぜひ、みなさんの声を署名という形で表明していただけたらと思います。

最後に

 長々とお話してしまいましたが、少しでもこの取り組みについてご理解していただけましたでしょうか?宣伝行動でビラ等を配っているとなかなか反応が悪い!?と感じることがあります。決しておかしいことではないと思います。ぜひ、街頭で署名宣伝行動をしているのを見かけたらご協力いただけたらと思います。

 

f:id:hyogororen:20190327114403j:plain

f:id:hyogororen:20190327114424j:plain

 

兵庫労連(兵庫県労働組合総連合)
〒650-0023 神戸市中央区栄町通3丁目6-7 大栄ビル10F
TEL:078-335-3770 FAX:078-335-3830
mail adress:rorenhyogo@shinsai.or.jp
兵庫労連・労働相談センター
“ひとりじゃない” 相談するという選択
0120-378-060 相談無料・秘密厳守
月~金12時~18時(土・日・祝日は休み)